「スウィングしなけりゃ意味がない」写真資料

後書きで触れているのはこの写真だろうと書いておられた方がいたので、写真を何枚かご紹介。

from “Swingjugend: The Real Swing Kids”

まずこれ。後書きにあるのはこの写真。五十過ぎて見るとちょっと頭痛い。

from “Swingjugend: The Real Swing Kids” in “Swingover”

着てるものは矢鱈重々しいけど、態度とか表情とか見ると確かに高校生。

ちなみに皆さん矢鱈コート着るのは、平均気温が相当に低い地域だからです。アルスター湖は今でも冬は凍結しますが、特に1944-45の冬は記録的な厳冬だったと言われています。

巻いた傘がイギリスかぶれのトレードマークですが、実用品でもあったと言われています──ロンドンより年間平均降雨日数は多いんで。

from “Swing Kids/Nazi Germany” in “Mr. Moore’s WH – Semester II”

何と言うか、十代っていつでもどこでもあんまり様子が変らない。
夕方とか電車の中によくいるよね、こういう感じでつるんでる、ちょっとテンション上った連中。

派手なストールというのもお約束だったらしい。

from “Die Swing-Jugend” in “The 20-2-40-Style-Syndicate”

カリカチュア。まあ、こういう感じに見えるでしょう、大人からすると。喫煙は誰も注意しません。当時は子供でも吸ってます。でも生意気です。

ちなみに肩パットは男女ともに必須。女子の証言では、ばん、と張った肩は「圧倒的男殺し」であったらしい。

実はこのスタイル、1980年代のファッションに非常に近いです。好まれた布地がちょっと違う。1980年代はソフトなファブリックが好まれたので。

ゲシュタポの調書やカリカチュアでは、派手なチェックが定番のように書かれていますが、写真ではあまり見掛けません。謎です。

from “Die Swing-Jugend” in “The 20-2-40-Style-Syndicate”

ダンス。なんか可愛い。

カフェ・ハインツェ。現在も同名のカフェは存在する。

from “Swingjugend: The Real Swing Kids”
from “THE TAILOR & CUTTER – POLITICIANS”

アンソニー・イーデン。こういう風にやりたかったらしい。チャーチルでは勿論なく。

まあ、見栄えのする男だからねえ、イーデンは。

from “The Duke of Windsor – Former King of England, Style Icon”

何故かアスパラを持つウィンザー公。これもお手本。スウェードの靴を履いた最初の男、と言われている。

from “August 1941: Nazis gehen gegen Swing-Jugend vor”

女子入れて集合写真。

現実の頭身がこのくらいだとすると、イーデンやウィンザー公って見果てぬ夢だよね。

swingjugend01-e1370579318471-585x266.jpg
from “Swingjugend: The Real Swing Kids” in “Swingover”

女子だけと言う写真があまりないので、彼女らの服装は集合写真で確認するしかありません。割合とソフトな素材でドレープ多め、スカート短め。緑のストッキングの膝に青いハート型をアップリケした、と言ってる人もいます。往来でしかめ面するおっさんを見ると、わざわざスカートを膝上まで捲って見せたそうです。調子こいてるよねえ。

男子も、見えませんが、実は派手な靴下を履いてます。ストライプ、ドットなんでもござれ。たまに胡坐かいた写真とかにちらっと写ってます。結構でかいドットとか。どこで買ってたのかは謎。

あと、注目すべきはパンツスーツ。これもお洒落だったらしいけど、1980年代に生きていた身としては、なんか覚えがあって辛い。大体こういうシルエットになっちゃうんだよ、当初の意図と違って。

from “Die Swing-Jugend” in “The 20-2-40-Style-Syndicate”

こういうシルエットには絶対ならない。無理無理。

付録。BDM。

from “Youth Organisation” NationStates

何故かメディア掲載の写真はノーブラが多いけど、実際にはブラはします。してると思います。邪魔だもんねえ。

from “Le rôle de la femme allemande selon les Nationaux-Socialistes” LES FEMMES ALLEMANDES ET LE NAZISME

ね? ブルマだってあそこまでは短くない。むしろがぼがぼ。

1950年代に陸上競技やっていた日本の女性の証言だと、こういうブルマを上の写真みたいに見せるために裾巻き込んだり改造したり、ともかく涙ぐましい努力をしたらしい。

それにしても匂い立つむさくるしさだ。

「鏡の影」予約開始のお知らせ

「鏡の影」amazon予約始まっています。既に予約して下さった方、どうもありがとう。表紙は下のものに差し替えになります。

前から準備してきたのですが、Gumroadでも入手可になります。今のところepubのみです。年末までに全点pdfでも入手できるといいなとは思っております。amazonでのリリースは十月一日からです。Gumroadは先行、ということになります。

いずれこちらからも直接アクセスできるようにしますが、サイトのアドレスはこちらです。試してみたところ、iBooksおよび紀伊国屋のアプリ、koboでも読めるようです。


gumroad

amazon

よろしくお願いします。

電子書籍表紙変更および改訂のお知らせ

2016年1月1日にKDPで出版した書籍の誤字脱字の改訂を行いました。
同時に表紙も変更しました。
既にダウンロード済みの方は、端末から一度削除した上で再ダウンロードすると入れ替わると思います。

Booksの方にもupいたしました。文字の方がiBooksへのリンクとなります。


1809

amazon
ibooks


天使

amazon
iBooks


雲雀

amazon
iBooks

 

現在、amazon、iBooksとも、五月に出した「吸血鬼」とともに四冊が入手可能です。


吸血鬼

amazon
iBooks

 

「バルタザールの遍歴」は現在、KDPのみです。iBooks版を出す時に一部改訂を行います。

amazon

いずれもKoboの方にも近いうちにupいたします

 

 

また八月に「戦争の法」も出す予定でおります。とりあえず表紙はこんな感じ。

iusbelli02-01

八月の初めには予約を開始すると思います。

同時に佐藤哲也の新作「トポス」も電子書籍化します。既刊「イラハイ」とともによろしくお願いします。

*最新の詳細はこちらをごらん下さい。

『スウィングしなけりゃ意味がない』サウンドトラック

「文芸カドカワ」連載中の『スウィングしなけりゃ意味がない』サウンドトラックです(リンク先はYoutube)。

*2017.2.23 改定しました。

1. スウィングしなけりゃ意味がない
“It Don’t Mean A Thing (If It Ain’t Got That Swing)” -Duke Ellington & His Famous Orchestra (1932)

2. 団歌斉唱
“Unsere Fahne Flattert Uns Voran”

3. ジンジャーとフレッド
“Pick Yourself Up” -“Swing Time” (1936)

4. ヘヴィ級チャンピオンのレッスン
 “Caravan” -Duke Ellington and his Famous Orchestra (1937)

5. カフェ・ハインツェ
 “Sing, Sing, Sing” >Benny Goodman

6.フィアヤーレスツァイテン・ホテル
“Puttin On the Ritz” – Fred Astaire

7. ベニー・グッドマンの眼鏡
“The World is Waiting for the Sunrise” -Benny Goodman Quartet(1944)

8.パリでは誰もうるさいことを言わない
“St. Louis Blues” -Django Reinhardt

9. ベートーベンかよ?
“One O’Clock Jump” -Count Basie (1943)

10. ブルジョワのパンジャブ
“Surabaya Johnny” -Lotte Lenya

11. エヴァ
“Amapola” -“Once upon a time of America”(1984)Sound Track

12. シュテルンシャンツェ
“Strange Fruit” -Billie Holiday

13. 夜も昼も
“Night And Day” -Cole Porter

14. ザンクト・ルートヴィヒ・セレナーデ
” Saint Louis Blues” -Louis Armstrong (1929)

15. ぼくらは鳴り物入りで押し掛ける
“Take the A Train” -Duke Ellington (1943)

16. 残念なのは誰?
“Who’s Sorry Now?” -Nat King Cole

17. 海原を、休息もなく、安らぎもなく
“Senta’s ballad”(Wagner: Der Fliegende Holländer) -Jessye Norman

18. 完全無欠の阿呆
“You’re Driving Me Crazy” -Rudy Vallee & his Connecticut Yankees

19. お手上げ、ってこと
“Blitzkrieg Baby” -Una Mae Carlisle

20. 楽しくない?
“Ain’t We Got Fun?” -Van & Schenck

21. ペルヴィティンおくれよ
“Alabama Song” -Marilyn Manson

22. ブラジルの水彩画
“Brasil” -Jimmy Dorsey (Bob Eberly & Helen O’Connell, vocal)

23. 騾馬のお仕事
“Swinging On A Star” -Bing Crosby

19. ハンブルク零時
“The World is waiting for the Sunrise” – Benny Goodman (1980)

ライブラリはこちら。2. はまじでうざいので外してあります。
   Volks ans Gewehr 国民突撃隊の映像入り。まじで辛気臭い。