「吸血鬼」電子書籍版、予約受付中です

一月に講談社から出た「吸血鬼」ですが、電子書籍版をKDPで販売します。

吸血鬼

非常に地味な表紙なのは、ミルキィ・イソベ氏の仕事が素晴らしすぎて、競る気力を失ったからです。おそらく今後は基本的にこのパターンで行くと思います。プロには勝てねえ。

ちなみに紙媒体の本の方、本文の字配りもよく考えて下さっています。実に美しい本です。そちらもよろしく。

他の電子書店での販売をご希望の方は、その旨言っていただければ対応します。

コメントを残す