「戦争の法」が伽鹿舎から復刊されます

2016年1月に、自前の電子書籍レーベル tamanoir press を立ち上げてから、そろそろ2年が経とうとしています。

その時に方針として挙げたのは、電子書籍から紙の本を起こすことは、私家版・商業出版ともに、積極的に歓迎したい、ということでした。この方針は今も変っておりません。

当レーベルの電子書籍は、奥付に書いてある通り、10部程度までの私的複製は可、それを超える部数を紙媒体で出す場合には一言お断り下さい、ということにしております。私家版の場合は、部数にもよりますが、一冊いただく、くらいで考えております。商業的かつ独占的に出したい、という場合には、部数を伺った上で複製権を期間限定で売る、ということになると思います。

結果として、同じ作品が様々な版元から様々な体裁で出回ることになると思いますが、むしろそれは歓迎すべきことだと考えております。

この方針で始めて、真っ先に名乗りを上げて下さったのは、熊本の伽鹿舎さんでした。非営利で高橋啓訳のパスカル・キニャール「世界の全ての朝は」、フランソワ・ルロール「幸福はどこにある──Le Voyage d’ Hector」、國分俊宏訳坂口恭平挿画の「アフリカの印象」等を出しているところです。伽鹿舎QUINOAZ版として12月23日に「戦争の法」が出ることになりました。今回は自分で解説も書いております。

現物はまだ手にしておりませんが、上記3冊と揃いの、個性的な体裁の本になると期待しております。伽鹿舎の方針で当面、書店に並ぶのは九州限定となりますが、他地域でも入手は可能です。詳しくは伽鹿舎のHPをご覧下さい。

伽鹿舎さんの出版を応援したい、という方は、こちらの頁をご覧下さい。

広告

「戦争の法」電子書籍化

「戦争の法」を電子書籍化します。初めての電子書籍化です。現在予約中、1/7からダウンロードが可能になります。
iusbelli02-01

amazon  
gumroad

誤字脱字等はこちらからご指摘いただければ二十四時間以内に訂正します。電子書籍の利点ですから。

「鏡の影」予約開始のお知らせ

「鏡の影」amazon予約始まっています。既に予約して下さった方、どうもありがとう。表紙は下のものに差し替えになります。

前から準備してきたのですが、Gumroadでも入手可になります。今のところepubのみです。年末までに全点pdfでも入手できるといいなとは思っております。amazonでのリリースは十月一日からです。Gumroadは先行、ということになります。

いずれこちらからも直接アクセスできるようにしますが、サイトのアドレスはこちらです。試してみたところ、iBooksおよび紀伊国屋のアプリ、koboでも読めるようです。


gumroad

amazon

よろしくお願いします。

電子書籍表紙変更および改訂のお知らせ

2016年1月1日にKDPで出版した書籍の誤字脱字の改訂を行いました。
同時に表紙も変更しました。
既にダウンロード済みの方は、端末から一度削除した上で再ダウンロードすると入れ替わると思います。

Booksの方にもupいたしました。文字の方がiBooksへのリンクとなります。


1809

amazon
ibooks


天使

amazon
iBooks


雲雀

amazon
iBooks

 

現在、amazon、iBooksとも、五月に出した「吸血鬼」とともに四冊が入手可能です。


吸血鬼

amazon
iBooks

 

「バルタザールの遍歴」は現在、KDPのみです。iBooks版を出す時に一部改訂を行います。

amazon

いずれもKoboの方にも近いうちにupいたします

 

 

また八月に「戦争の法」も出す予定でおります。とりあえず表紙はこんな感じ。

iusbelli02-01

八月の初めには予約を開始すると思います。

同時に佐藤哲也の新作「トポス」も電子書籍化します。既刊「イラハイ」とともによろしくお願いします。

*最新の詳細はこちらをごらん下さい。

「吸血鬼」電子書籍版、予約受付中です

一月に講談社から出た「吸血鬼」ですが、電子書籍版をKDPで販売します。

吸血鬼

 

 

非常に地味な表紙なのは、ミルキィ・イソベ氏の仕事が素晴らしすぎて、競る気力を失ったからです。おそらく今後は基本的にこのパターンで行くと思います。プロには勝てねえ。

ちなみに紙媒体の本の方、本文の字配りもよく考えて下さっています。実に美しい本です。そちらもよろしく。

他の電子書店での販売をご希望の方は、その旨言っていただければ対応します。